翻訳小説のススメ



翻訳小説を読んだ事はありますか?
昔の翻訳小説は直訳のようなものが結構あったので、読んでいてもいまひとつわかりにくかったり、入り込めなかったりで、わたしはあまり楽しめませんでした。
ですが今出版されている翻訳小説は、翻訳の技術の向上もあるのでしょうが、意訳されていて大変読みやすくなっています。
翻訳の勉強をされている方は、表現法の勉強にもなるのではないでしょうか。

翻訳小説はベストセラーのランキングの上位にも数多く入っています。
映画化もされた『プラダを着た悪魔』や、韓国で50万部を超えるベストセラーとなった歴史小説『孤将』も面白そうです。

もう1冊おススメをするなら、何と言っても『リトル・トリー』です。
この小説の作者は、48歳にして小説を書き始め、54歳で他界するまで4冊しか執筆しなかったというフォレスト・カーター氏です。
幼くして両親と死に別れ、アメリカインディアンの血を引く祖父に育てられた作者が小さい頃の体験を伝記的に綴った小説です。
『リトル・トリー』というのは、作者の幼少の頃のインディアン名です。
祖父や祖母の素朴な愛情や自然との語らいがどこか昔懐かしい気にさせる素敵な小説です。
是非読んでみてくださいね!
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。