和英・英和のプロ 翻訳家の仕事



和英・英和翻訳のプロである翻訳家は、様々なシーンで活躍しています。
翻訳家の仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

翻訳家の仕事の大半は『実務翻訳』で、全体量の約90%を占めています。
『産業翻訳』とか『ビジネス翻訳』ともいいます。
実務翻訳とは、コンピュータや電機・医療等のようなテクニカル分野の業界での翻訳業務です。
会社間で交わす契約書面や取扱説明のマニュアル等の和英及び英和翻訳においては、翻訳の知識のみならず、各業界での専門的な知識も必要です。
各業界において専門的な知識に精通する事により評価が上がれば、その分野の会社等からの翻訳業務を継続的に受けられます。

絵本や小説、雑誌等の出版物の翻訳に関わるのが『出版翻訳』です。
『文芸翻訳』ともいわれ、文才が求められる分野です。
この分野ではセオリー通りの翻訳のみでなく、その時代の流行等の文化の流れを理解し、比喩的な表現等も使えることが必要です。
また社会状況や歴史や慣習等の知識も、誤った翻訳をしない為に必要となります。

あらゆる分野のテレビ番組や映画、それにビデオの字幕や日本語吹替えの原稿の翻訳をするのが『放送・映像翻訳』です。
『メディア翻訳』ともいわれます。

報道番組の翻訳には、国際情勢や政治経済に関する知識を常に蓄えておくことが必要です。
映画等の翻訳においては、ストーリーに応じた翻訳ができることが重要です。

その他には洋楽CDや料理レシピ、演劇の台本の翻訳等、様々な活躍の場があります。
それぞれで分野に合わせた翻訳能力が求められます。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。