無料翻訳サービスの精度について



Yahoo!やInfoseekなど、大手のポータルサイトでは、それぞれ無料の自動翻訳サービスを提供しています。
翻訳をしたい英語や韓国語などのテキスト文章や、外語サイトのURLを入力するだけで、簡単に翻訳してくれます。
逆に日本語を外国語に翻訳する事も可能です。
利用は無料です。
それぞれのポータブルサイトによって、対応する言語数やサービス内容に違いはあります。
しかし、精度的には違いがあるのでしょうか。

各社の翻訳サービスの開発は、翻訳ソフトをもとにしています。
東芝と提携しているソフトメーカーのアミカイを利用するのはInfoseekやLivedoor、@niftyです。
クロスランゲージのソフトを利用するのはYahoo!で、エキサイトが利用するのはアクセラテクノロジのソフトです。

高精度ではないにしても、複雑な構成の文章でなければ、これらの無料翻訳サービスで大まかな意味をつかむことができます。
もととなる文章が同じでも、翻訳ソフトが違えば、翻訳結果には多少のニュアンスの違いがでます。
どこかの無料翻訳サイトを使ってみて結果が思うようなものでない場合は、別の翻訳ソフトを使うポータルサイトで試してみるとよいでしょう。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。