翻訳講座 どの分野がおススメ?



翻訳家が世界中で慢性的に不足する、という事態に陥っています。
それはなぜでしょうか?

翻訳と一口にいっても、世界中に多様にある言語の数だけその言語を理解し、自在に操る翻訳家が必要ということになります。
翻訳業界というのは技術翻訳や映像翻訳など、分野が多岐に分かれていて、それぞれの分野での専門的な知識も必要です。
つまり、各国の言語ごと、分野ごとに翻訳家が必要ということです。
一人が多国語に対応できたとしても、かなりの数の翻訳家が必要になります。

中でもとりわけ慢性的な人材不足の悩みを抱えているのは、特許専門の『特許翻訳』で、その為の翻訳の専門講座は人気があります。
なぜ特許翻訳の分野が人手不足なのでしょうか。
それは、ここ数年の急速なIT化によって情報技術等の分野が伸び、それによって特許の出願数が激増しているからです。
「特許を取得することによりその企業の利益が守られる」という世界で共通の仕組みが、この背景にあるのです。

そういったことから、特許翻訳の分野での翻訳家不足と特許翻訳を目指す翻訳講座の需要が伸びています。
翻訳家を志して翻訳講座のどの分野を学ぶかを検討中の方には、特許翻訳の講座がおススメでしょう。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。