翻訳会社の賢い選び方



翻訳を専門の会社に依頼する際には、どのような事に注意すればよいのでしょうか。
きちんと事前に見極めて発注をしないと、予定以上に費用がかかってしまうということがあります。
上手な依頼の仕方とは、どのような方法なのでしょうか。

依頼時には、発注を考える翻訳会社に翻訳する文書がどのような分野のものか、ボリュームはどの程度かなどを伝えます。
また、訳文の読者や使用目的から、どの程度のレベルの仕上りが必要なのかを伝えることも重要です。
納品の形態や用語の管理によっても、仕上りが違ってくることがあります。
可能であればトライアルを依頼できると、あらかじめ会社の翻訳のレベルがよくわかるのでおススメです。

責任ある仕事をする翻訳会社は、無理のある納期約束をしたり、専門分野でない仕事を引受けたりはしないものです。
依頼したい分野でのその会社の実績や経験は、詳しく聞き確認しましょう。

翻訳会社と名乗っていても、実際は在宅フリーの翻訳者に依頼し、任せっきりでロクに確認もせずに納品する翻訳会社も少なくないのが現状です。
表面的な料金のみで安易に発注先を決めず、対応の柔軟性や製作環境等、総合的に判断して選びたいものですね。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。