ロシア語翻訳の勉強法



ロシア語の翻訳ができるようになりたいと思ってロシア語を勉強する場合、どんな勉強法を考えますか?
ロシア語講座に通ったり、テレビのロシア語講座を観たり、本で勉強したり、というところでしょうか。
しかし、ただでさえ難しいロシア語の勉強を、こういった真面目一本やりの勉強でしていては肩がこりそうですね。
そこで、ちょっと変わった方法でロシア語に取組んでみてはいかがでしょうか。

ロシアでは、日本のマンガや物語などをロシア語に翻訳したものが一部あるようです。
探してみると、マンガ世代にはおなじみではないかと思われる『らんま1/2』や、子供の頃に聞き覚えがある『大きなかぶ』がありました。 モスクワには、けっこう日本のアニメファンもいるのです。

少しロシア語がわかるようになってきたら、こういった本を読んでみるのはどうでしょうか。
もともとは日本のものなので、ある程度話の筋はわかるでしょう。
「こういう場面ではロシアではこういう言葉を使うんだな」という感じに意識して読むと、単語の勉強になります。
馴染みのあるものから入って少しずつ短編や長編へとレベルアップしていけば、翻訳の勉強もやりやすくなります。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。