自動翻訳のコツ



自動翻訳サービスはとても便利なサービスですが、万能ではありません。
機械が適当と思った単語を当てはめて翻訳するため、時として少々おかしな文章になることもあります。

きちんと意味の通った文章構成にするためには、ある種のコツがあります。
まず、日本語を英語に翻訳したい場合、翻訳する前の自分の日本語の文章を見直してみることがポイントです。

日本語では主語を省略した文章でも意味が通りますが、それをそのまま英語にするとおかしくなります。
きちんと主語をつけてから翻訳してみましょう。
日本語の時点では堅い言い回しに感じる文章でも、英語に翻訳してみるときれいな英語になります。

次に、文章の長さにも気をつけることです。
しっかりと説明しようとするとつい文章が長くなってしまいがちですが、これは誤訳をまねくもとです。
句読点を適度に使い、文章を短く区切ることで、わかりやすい英文に翻訳してくれます。
また、文と文とを接続語を使ってつないでみると、さらにわかりやすい文章になるでしょう。

日本語は曖昧な表現をよく使いますが、英語にはそういった表現を使う習慣がありません。
「言い切る言語」である英語にしやすい日本語に直してから翻訳させると良いでしょう。
そのようにして自分の書いた文章を英語に翻訳した後、その英語を再度日本語に翻訳してみると、きちんとした英語になっているかどうか確認できます。

翻訳のソフトにより、翻訳する際のクセがあります。
色々試して慣れてくると要領がわかってくるでしょう。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。