韓国語翻訳のコツ



日本語と韓国語は文法の成り立ちが似通っているので、一番近い言語とされています。
日本語は「かな」と「漢字」から構成されていますが、韓国語も表音文字の「ハングル」と表意文字の「漢字」とで構成されています。
構成だけではなく、漢字変換の際に表音文字を変換して入力するというところまで同じです。

では違いはどこでしょうか。
日本語と韓国語では、漢字の使い方と読みが大きく違います。
韓国では、漢字は大抵が名詞に使うことしかありません。
日本ではそんなことはありませんよね。
漢字の読みも、韓国ではほとんどの場合が一つだけです。

機械翻訳の場合、翻訳をする言語同士の文法等に大きな違いがあると、その違いを正しく判断できずにおかしな文になることがあります。
機械は文脈等から意味を推察することができません。
そこで、機械が判断しやすいような文章構成にしてあげることが、より精度の高い翻訳結果を得るコツといえます。

機械が判断しやすい日本語とは、どんな構成にすればよいのでしょう。
主語や述語や目的語を省略せずに、正確な文章で書き、漢字で書ける言葉は漢字で、カタカナ言葉はカタカナで書くようにしましょう。
また、俗語や慣用語句は使わない方が良いでしょう。
句読点は適切に取入れ、できるだけ長文にならないようにします。
簡潔にまとめることがコツなのです。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。