日本のマンガがドイツ語に翻訳されると・・・



海外でも大ヒットした日本のマンガといえば『キャンディキャンディ』や『ドラゴンボール』が有名です。
それと同様に、ドイツで日本のマンガが翻訳されて販売されているのをご存知でしょうか?

ドイツではマンガは「Manga」と表現され、大型書店には見覚えのあるたくさんのコミックが、ドイツ語に翻訳され売られています。
日本のマンガはドイツのコミック市場の8割を占め、欧米のコミックの売上をも上回るブームなのです。
大人気のマンガは『ドラゴンボール』『セーラームーン』です。
他には『らんま1/2』『犬夜叉』『ワンピース』も人気です。

日本でもファンの多い『キャプテン翼』も人気が高いのですが、ドイツ語に翻訳されると結構面白いことになるみたいです。
ストーリー中に擬音が出てくる事が多い『キャプテン翼』は、この擬音もきちんとドイツ語に翻訳(?)されて差替えられています。
たとえば足音の「コツコツ」は「タップタップ」。
物をつかむ時の「ギュッ」とか「グッ」は「パク」となるんです。
緊張したシーンで「パク」と出てきたらなんだか気が抜けそうですね。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。